Helm のインストール

このガイドでは、Helm CLI のインストール方法を示します。Helm はソースから、またはビルド済みのバイナリリリースから インストールできます。

Helm プロジェクトから

Helm プロジェクトは、Helm をフェッチしてインストールする2つの方法を提供します。 これらは Helm リリースを取得するための公式の方法です。さらに、Helm コミュニティは、 さまざまなパッケージマネージャーを通じて Helm をインストールする方法を提供しています。 これらの方法によるインストールは、公式の方法の下にあります。

バイナリリリースから

Helm のすべての リリース は、さまざまな OS のバイナリリリースを提供します。 これらのバイナリバージョンは、手動でダウンロードして インストールできます。

  1. 任意のバージョンをダウンロードします
  2. ダウンロードしたパッケージを展開します (tar -zxvf helm-v3.0.0-linux-amd64.tar.gz)
  3. 展開したディレクトリで helm バイナリを見つけ、 目的の場所に移動します (mv linux-amd64/helm /usr/local/bin/helm)

そこから、クライアントを実行し、 Stable リポジトリを追加できるはずです: helm help を参考

: Helm 自動テストは、CircleCi のビルドとリリース中にのみLinux AMD64 に対して実行されます。 他の OS のテストは、 対象の OS の Helm を要求するコミュニティの責任の元で行われています。

スクリプトから

Helm に、最新バージョンの Helm を自動的に取得して ローカルにインストールする インストーラースクリプトが追加されました。

そのスクリプトをフェッチして、ローカルで実行できます。 十分に文書化されているため、実行する前にそれを読んで何が行われているかを理解できます。

$ curl -fsSL -o get_helm.sh https://raw.githubusercontent.com/helm/helm/main/scripts/get-helm-3
$ chmod 700 get_helm.sh
$ ./get_helm.sh

もちろん、 最新版で実施したい場合は、 curl https://raw.githubusercontent.com/helm/helm/main/scripts/get-helm-3 | bash を使用できます。

パッケージマネージャーを使用したインストール

Helm コミュニティは、オペレーティングシステムのパッケージマネージャーを介して Helm をインストールする機能を提供します。 これらは Helm プロジェクトではサポートされておらず、 信頼できるサードパーティとは見なされません。

Homebrew から (macOS)

Helm コミュニティのメンバーは、Homebrew に Helm フォーミュラビルドを提供しています。 この式は一般に最新です。

brew install helm

(注: 別のプロジェクトである emacs-helm の式もあります。)

Chocolatey から (Windows)

Helm コミュニティのメンバーが ChocolateyHelm パッケージ のビルドを提供しました。 このパッケージは一般に最新です。

choco install kubernetes-helm

Apt から (Debian/Ubuntu)

Helm コミュニティのメンバーは、Apt の Helm パッケージ を提供しています。 このパッケージは一般に最新です。

curl https://helm.baltorepo.com/organization/signing.asc | sudo apt-key add -
sudo apt-get install apt-transport-https --yes
echo "deb https://baltocdn.com/helm/stable/debian/ all main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/helm-stable-debian.list
sudo apt-get update
sudo apt-get install helm

Snap から

Snapcrafters コミュニティは、 Helm パッケージの Snap バージョンを維持しています。

sudo snap install helm --classic

Development ビルド

リリースに加えて、Helm の開発スナップショットをダウンロードまたはインストールできます。

Canary ビルドから

"Canary" ビルドは、最新のマスターブランチからビルドされた Helm ソフトウェアのバージョンです。 これらは公式リリースではなく、安定しない可能性があります。 ただし、これらは最先端の機能をテストする機会を提供します。

Canary Helm バイナリは get.helm.sh に保存されます。 一般的なビルドへのリンクは次のとおりです。

Source から (Linux, macOS)

ソースか Helm をビルドするのは少し手間がかかりますが、 最新の (プレリリース) Helm バージョンをテストする場合に最適な方法です。

Go 環境が動作している必要があります。

$ git clone https://github.com/helm/helm.git
$ cd helm
$ make

必要に応じて、依存関係をフェッチしてキャッシュし、構成を検証します。 次に、helm をコンパイルして bin/helm に配置します。

まとめ

ほとんどの場合、インストールは、事前に構築された helm バイナリを取得するのと同じくらい簡単です。 このドキュメントでは、Helm でより高度なことを実行したい人のための 追加のケースについて説明します。

Helm クライアントが正常にインストールされたら、Helm を使用してチャートを管理し、 Stable リポジトリを追加 できます。